ロゴ

心療内科を受診する前に押さえたい精神科との違いと診察内容

>特集>心療内科を受診した方がいいケースとは?気になる心の変化について

心療内科を受診した方がいいケースとは?気になる心の変化について

ハート

よくある心の変化について

なんとなく気分が落ち着かず、常にイライラしている状態は、精神的に安定していない証拠です。また怒りっぽくなると相手のちょっとした言葉で不機嫌になります。急に不安になったり、死にたくなったりした場合も要注意でしょう。気分の浮き沈みが激しい、仕事や家庭で強いストレスを感じている、何事も楽しめないという方も受診が必要です。

精神科と心療内科の違い

心療内科

心療内科は主に心の問題と病気を扱う科になります。簡単にいうと、心そのものを治療する形になります。またストレスによる胃潰瘍や急性胃炎などの病気も、心療内科にて治療を行ないます。

精神科

精神科の場合は、心の状態へより踏み込む形で診察をします。そのため、うつ病、双極性障害、総合失調など精神に影響を与える症状を治療します。過度のストレスで精神的におかしいと感じた場合は、迷わず精神科を受診しましょう。

相談をしよう

心の状態がいつまでたっても安定しない場合は、心の病を患っている可能性があります。心療内科を受診して早めに治療へ取り掛かりましょう。じゃないと取り返しのつかないことになります。

詳しい診察の内容をチェック!

カウンセリング

心の相談を行なう

不眠、鬱、不安、無気力など生活に支障をきたすほど症状が酷くなっている場合は、心の相談を医師自ら受け持ちます。またどのような心理状態であるかも、質問と問診で把握していきます。それに合わせて治療方法を決定します。

訪問治療

引きこもった状態の場合は、精神保険福祉士が自宅を訪れ、定期的に心のケアをします。病院を受診できないほど衰弱しきっている、本人が受診を拒んでいる場合に活用されています。

復職支援

うつ病により仕事を休業している場合、社会復帰をめざすための復職支援を行なう場合もあります。また同じ悩みを持つ者が集い、専門家を交えて過ごす時間を設けるケースもあります。これにより参加者の不安を解消することができます。